プロフィール

うめさん

Author:うめさん
関西在住のおっさんです。


ハンゲームアプリ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の旅行は広島じゃけーのー(尾道編)

今年の夏は実は最初九州旅行を考えてたんですが、、、
高速1000円が週末だけと分かって、一泊じゃ到底無理だしって事で
急遽行き先変更となりました。
今回は僕が前から行きたかった広島です。
嫁さまの意向とはちょっと違ったんですが、今回は折れてもらいましたw
週末の大渋滞が怖かったんで朝4時半に家を出たところ
全く渋滞なくスイスイこれちゃいました。
なのでほんとは平和記念公園へ一直線の予定だったんですが
尾道に寄り道することにしました。
個人旅行のいいとこですねw
onomichi1

尾道観光といえばまずココ。
千光寺公園です。
onomichi2

公園は山のテッペンに広がってるんですが
急な坂道だらけで展望台まであがってくるだけで息があがります。
でも展望台の眺望はなかなか風情があります。
正面はまさに瀬戸内のしまなみ街道になってます。
onomichi3
onomichi4
onomichi5

展望台のとこの売店にご当地ハッケソw
この手のはシャーベットのが多いんですがこれはちゃんとクリームでした。
まぁでもみかんとソフトはあんまり相性よくないかもしれませんね。
onomichi7

千光寺公園は文学のこみちという散歩コースがあって
岩なんかにいろんな作家の名言がほりこまれたりしてます。
途中で絵を描いてるひとなんかもいてそれっぽい雰囲気が
ありました。
onomichi6
onomichi8

こちらが千光寺の本堂です。
岩場の中にたてられたお寺なので中はかなり入り組んでいてます。
onomichi9

そして千光寺公園に車停めたまま、歩いて街までおりていきます。
尾道といえばこの坂道が超有名。
onomichi10
onomichi11
onomichi12

途中志賀直哉の旧邸があります。
onomichi13

街までおりてくると商店街があってお土産屋さんなんかが
充実してます。
店構えが銭湯ですが、こちらは食堂&お土産屋さんです。
onomichi14

こちらもお土産屋さんですね。
onomichi15

そしてせっかく尾道に来た以上
これははずせないでしょう。
開店20分前に着たのにこの行列ですorz
onomichi18

まぁもちろん中華そばがメインな訳ですが商店街のおばさんに
朱華園で食べるなら塩焼きそばは絶対
って教えてもらったのでww
onomichi16

でこちらが本命の中華そばです。
うまいんですが、、、
確かに超有名なご当地ラーメンなんですが、、、
油すごすぎ(゚Д゚)
全部は食いきれませんでしたorz
onomichi17

帰りは千光寺に車おいてきたんでロープウエイで山頂まで上ります。
onomichi19

[高画質で再生]

尾道ロープウエイ [アダルトライブチャット]

おもわず寄り道した尾道ですが、半日でくるっと回れる感じで
広島観光とセットにするならちょうどいい感じですね。
初めての尾道ラーメン体験もできましたし、
というわけでお昼すぎには尾道を出発して
広島市内に向かいます。(市内編へ続くww)
スポンサーサイト

コメント

尾道はホントに斜面に沿って家がたくさん建ってますね。
しかし低いトコロを行くロープウェイですなあ。

千光寺公園から見た風景があの有名な狭い海峡の
絵なんですね。ここは一度行ってみたいです。

フラっと寄り道の観光でこんないい所を見られるなんて
やっぱり個人旅行はいいですねえ・・・・チ
2010-08-17 12:14 | heidi #RI3INA7s | URL [ 編集 ]

>heidiさん
文学のこみちは結構絵を描く人が
多いみたいです。
せまい坂道が入り組んでて、まるで
迷路を進んでる気分になりますよ~
尾道ラーメンに千光寺と食べどころ、みどころ
満載なんでぜひ行ってみてくだされ
2010-08-18 00:26 | t,umeda #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://611034.blog24.fc2.com/tb.php/189-250145d9

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。